イベント・セミナー

第35回農研機構東北研市民講座「牧草いろいろ」

情報公開日:2021年7月 5日 (月曜日)

話し手

久保田    明人 ( くぼた あきと ) 緩傾斜畑作研究領域   生産力増強グループ   上級研究員

日 時

2021年8月7日 (土曜日) 9時30分~10時30分

講演概要

国内で飲まれる牛乳は、100%国内で生産されたものです。しかし、牛乳を搾るウシのエサの自給率(国内で生産されている割合)は、わずか25%(平成30年)です。本来、ウシは草だけ食べていれば生きていける反芻動物ですが、たくさんの牛乳を搾るため、また、霜降り肉を作るため、多くの輸入穀物をエサとして与えているからです。牛乳は老若男女の健康に役立ちますし、霜降り肉は生活に潤いを与えます。当センターでは、エサの自給率を高めるための様々な研究をしています。本講座では、ウシのエサである牧草についてご紹介します。

定 員

20名   (事前申込みが必要です)
どなたでも参加できます (小学生以下は保護者同伴)。

場 所

農研機構東北農業研究センター   北辰興農閣研修室   (岩手県盛岡市下厨川しもくりやがわ字赤平4)

参加費

無料

参加申込み、問合わせ先 (開催事務局)

  1. 住所、氏名 (ふりがな)、電話番号をご記入のうえ7月30日 (金曜日) までに、できればメールでお申込み下さい。電話、FAXでも受付します(平日9時~17時)
  2. ・希望者多数の場合は、先着順とさせていただきます。
  3. ・新型コロナウイルス感染防止対策のため、会場ではマスク着用、手指の消毒、検温の実施、十分な距離の確保をお願いします。
  4. ・当日、体調がすぐれない場合は参加をご遠慮ください。
  5. ・新型コロナウイルス感染症拡大の状況により、急遽開催を中止することがあります。

農研機構 東北農業研究センター 研究推進部研究推進室 広報チーム

メール: www-tohoku@@naro.affrc.go.jp
(このアドレスはコピー&ペースト後に@を一つ削除してから使用してください)
電話: 019-643-3414 ファックス: 019-643-3588