広報活動報告

「仕事人秘録」に久間理事長が登場

情報公開日:2021年6月24日 (木曜日)

日本経済新聞社のビジネス専門紙「日経産業新聞」には、様々な分野で活躍する人物を紹介する連載コラム「仕事人秘録」があります(月曜~金曜日の毎日掲載)。
6月23日(水曜日)から「イノベーション生む国へ」と題し、久間理事長の記事が20回以上に渡り掲載されます。誕生から学生時代、三菱電機(株)での基礎研究者から副社長までの足跡、内閣府科学技術・イノベーション会議常勤議員時代に科学技術司令塔として果たした役割、農研機構理事長就任後の活動に加え、趣味や人柄がわかるエピソードもあります。是非、ご一読ください。

久間理事長の写真

○ 初回記事(6月23日掲載分) :
https://webreprint.nikkei.co.jp/r/00D516B628AD49299E9230100E24D3CD/

※ 2回目以降の記事は「日経電子版」へ(有料会員限定です)
(「ビジネス」→「コラム」→「仕事人秘録」)

初回記事関連研究成果の紹介

1 スーパーコンピューター「紫峰」と農研機構統合データベース

○「紫峰」プロモーション動画 : https://youtu.be/30YXZTYHYtg

農研機構は、国内農業系研究機関で初となるAI研究用スーパーコンピューター「紫峰」、および農研機構内に分散して所有管理されている各種の研究データを収集・統合し、農研機構内外の研究者が分野横断的に利活用できるデータベース「NARO Linked DB」の稼働を2020年5月より開始しました。「紫峰」と「NARO Linked DB」の導入により、農研機構の農業情報研究基盤が整備され、データ駆動型農業の一層の推進が期待されます。

○ プレスリリース(2020年6月16日) :

https://www.naro.go.jp/publicity_report/press/laboratory/rcait/135385.html

久間理事長とスーパーコンピューター「紫峰」の写真

2 AIによる温州みかん糖度予測

農研機構は、温州みかんを対象に、前年までに蓄積された糖度データと気象データから、AIによる機械学習を用いて当年の糖度を予測する手法を開発しました。出荷時の平均糖度を7月ごろから地区を単位として高精度に予測できます。本手法により、適切な栽培管理が可能となり温州みかんの品質の向上に役立つと期待されます。

○ プレスリリース(2020年3月6日) :

https://www.naro.go.jp/publicity_report/press/laboratory/rcait/134410.html