プレスリリース
ムーンショットで実現する2050年の食と農の世界

- ムーンショット型農林水産研究開発事業キックオフミーティング -

情報公開日:2021年2月26日 (金曜日)

生物系特定産業技術研究支援センターは、令和3年3月24日(水曜日)、「ムーンショットで実現する2050年の食と農の世界~ムーンショット型農林水産研究開発事業キックオフミーティング~」をオンラインで開催します。

1. 概要

2050年には世界の人口増加により食料需要が現在に比べ1.7倍になると見込まれています。一方、生産効率のみを重視した従来の方式だけでは地球の自然循環機能が破綻し、立ち行かなくなるおそれがあります。そのため、食料の増産と地球環境保全を両立するために、生産力の向上だけでなく環境負荷や食品ロス問題を同時に解決していくことが必要です。

生物系特定産業技術研究支援センターは、この問題の解決を目標(※)に掲げたムーンショット型農林水産研究開発事業を今年度からスタートしました。本事業では、研究開発全体の責任者である千葉一裕プログラムディレクター(PD: 東京農工大学学長) の指揮の下、10名のプロジェクトマネージャー(PM) が各研究開発プロジェクトを統括しています。

2050年の「食」の確保に向けたプロジェクトについて、プロジェクト参加メンバーはもとより、この問題に関心のある皆様と一緒に実現に向かって考える機会となるよう、キックオフミーティングを開催します。

※ムーンショット目標5
2050年までに、未利用の生物機能等のフル活用により、地球規模でムリ・ムダのない持続的な食料供給産業を創出 (総合科学技術・イノベーション会議決定)

2. 開催日時・場所

日時: 令和3年3月24日(水曜日) 15時00分~17時00分
オンラインによる開催

3. プログラム

(1) 開会 (15:00)

来賓挨拶 (内閣府、農林水産省)

(2) はじめに「ムーンショット目標5の実現に向けて」(15:05)

一裕 国立大学法人東京農工大学 学長【PD】

(3) パネルディスカッション第1部「食品ロス・ゼロを目指す食料消費システム」(15:20)
昆虫の食料化・飼料化、3D-AIシェフマシンによるパーソナライズド食品の製造について、プロジェクトの紹介・意見交換を行います。

一裕 国立大学法人東京農工大学学長【PD】
敬 国立大学法人お茶の水女子大学基幹研究院教授【PM】
光敏 国立大学法人筑波大学生命環境系特命教授【PM】
隆徳 野村アグリプランニング&アドバイザリー (NAPA) 取締役【有識者】
隆裕 株式会社日経BP総合研究所上席研究員【モデレーター】

(4) パネルディスカッション第2部「食料供給の拡大と地球環境保全を両立する食料生産システム」(16:00)
サイバー空間での作物デザイン・強靭化、土壌微生物機能の発揮・解明について、プロジェクトの紹介・意見交換を行います。

一裕 国立大学法人東京農工大学学長【PD】
良 国立大学法人筑波大学生命環境系教授【PM】
春子 学校法人早稲田大学理工学術院教授【PM】
雅典 国立大学法人東北大学名誉教授【有識者】
隆裕 株式会社日経BP総合研究所上席研究員【モデレーター】

(5) 関係機関からの応援のメッセージ (16:40)

浩平 オイシックス・ラ・大地株式会社取締役
Future Food Fund 株式会社代表取締役

健介 スクラム・ベンチャーズSenior Associate

(6) ムーンショット型農林水産研究開発事業に対する期待 (16:50)

きみ子 国立大学法人お茶の水女子大学学長
恭介 国立大学法人筑波大学学長
博徳 学校法人早稲田大学副総長
和生 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構理事長

(7) 閉会 (17:00)

4. 参加申し込み方法

参加の登録は以下のページから、お願いします。
※御好評のため、参加登録締切りを当日まで延長いたしました。
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_L2GuOBnvQhKxaWYGSC7zgg

5. 報道関係者の皆様へ

報道関係者で参加を希望される方は、3月22日(月曜日) までに以下の取材登録先メールアドレスへ、事前登録をお願いします。

取材申込先メールアドレス: brain-ms[アット]ml.affrc.go.jp
[アット]を@に置き換えてください
(氏名、電話番号、メールアドレス、勤務先・所属団体等を御記入願います。)

会場 (早稲田大学 新研究棟121号館 カンファレンスルーム https://www.waseda.jp/inst/research/innovation/building121) までお越しいただくことも可能ですが、人数多数の場合は、現地での参加はできない場合があります。

ミーティング終了後に報道関係者の皆様と、PD、PM、有識者、モデレーター及び応援メッセージをいただく松本氏と黒田氏との質疑応答の場を設ける予定です。

(参考)
ムーンショットで実現する2050年の食と農の世界
~ムーンショット型農林水産研究開発事業キックオフミーティング~チラシ
[PDF:908.4KB]

ムーンショット型農林水産研究開発事業プロジェクトの内容について
http://www.naro.affrc.go.jp/laboratory/brain/moon_shot/index.html