プレスリリース
(お知らせ) 特集「品種開発III」-農研機構技報-

情報公開日:2021年10月20日 (水曜日)

ポイント

  • 「品種開発III」を特集した農研機構技報 第10号を刊行しました。
  • 品種開発の第3弾として農研機構で開発された果樹、モモ、ニホングリ、カンキツ、リンゴ、レモン、ニホンナシ、ブドウ、ウメの新しい品種を紹介しています。

概要

農研機構は、開発した研究成果を産業界、農業界、大学、マスコミなどの皆さまに発信し、新しい連携の開拓や成果の実用化を加速させるために「農研機構技報」(英名「NARO Technical Report」)を年4回刊行しています。
第10号 特集では、変化する私たち人間社会をより豊かにするため、将来を見据えた農研機構の果樹の品種開発の取り組みを紹介しています。美味しさだけでなく、生産・加工・消費に関わる人々の願いを叶えるための取り組みをご覧下さい。
もくじ(No.10) ページ
  • 特集「品種開発III
特集によせて 5
① 黄肉の極早生モモ新品種「ひめこなつ」 6
② 渋皮が簡単にむけるニホングリ新品種「ぽろすけ」 10
③ 高糖度で、ドリップの少ないカットフルーツ向けの
カンキツ新品種「あすき」
14
④ 大玉で良食味の黄色リンゴ品種「もりのかがやき」 18
⑤ 大果で酸味がまろやか、かいよう病に強い
レモン新品種「璃の香(りのか)」
22
⑥ 甘くて栽培が簡単なニホンナシ新品種「甘太(かんた)」 26
⑦ 大粒で赤い果皮色の食味が優れる
ブドウ品種「クイーンニーナ」
30
⑧ 果皮と果肉が赤いウメ品種「露茜(つゆあかね)」 34
  • 温故知新
38

本技報は、冊子のほかに、農研機構のホームページから電子ブックなどでご覧いただけます。

問い合わせ先など
担当者 :
農研機構本部 広報戦略室長 船附 稚子
広報担当者 :
同 広報課 高橋、栗山、小林