平成21年度農政課題解決研修(革新的農業技術習得支援研修)の実施概要

革新的な新技術の習得

実施概要の紹介
  課題 実施期間 実施機関 研修の概要
1 多収穫米品種の生産・利用技術 7月7日~7月9日
(3日間)
作物研究所(つくば市) 農研機構が育成した多収穫米品種は高い収量性と低コスト生産性によって飼料用や業務加工用への利用が進められている。こうした品種の特性や栽培性について正確な情報を得るとともに、多収穫米品種を米粉パンなどへ利用するための米粉評価法を習得する。
(研修テキスト[PDF:748KB])
2 大豆の高品質、安定生産増収技術 8月25日~8月27日
(3日間)
中央農業総合研究センター(つくば市)


大豆の高品質、安定生産・増収技術、低コスト生産技術、病害虫防除、品種開発について最新の試験研究の概況と情報を習得する。
(研修テキスト[PDF:5.3MB] )
3 麦の高品質、安定生産技術 11月18日~11月19日
(2日間)
作物研究所(つくば市) 講義で麦作を巡る状況について概観し、麦作の問題点を摘出するとともに、小麦及び大麦における最近の品種開発状況を紹介し、新品種及び品質を巡る 最新の研究情報を解説する。さらに、不耕起栽培などの低コスト栽培技術における高品質化への取り組み状況を解説する。実習では、作物研究所で育成しためん 用小麦新品種「あおばの恋」をはじめとする用途別の品種や小麦粉を用いて、製麺試験を行うとともに、一次加工適性及び二次加工適性の評価方法を習得する。
(研修テキスト[PDF:3.5MB])
4 施設野菜の省力・低コスト生産技術 9月3日~9月4日
(2日間)
近畿中国四国農業研究センター四国研究センター(香川県善通寺市)
中山間地域に設置可能な平張型ハウス設計・施工技術、日射制御型拍動潅水装置、傾斜を活用した養液栽培装置、ハウス内環境の制御技術、高温条件が野菜生産に及ぼす影響を軽減できる技術、高温環境下のイチゴの暑熱に対応した栽培技術等を習得する。
( 研修テキスト[PDF:13.3MB])
5 果樹の気象変動対応技術及び防除技術 8月24日~8月25日
(2日間)
果樹研究所(つくば市)

温暖化に伴う果樹への影響、とりわけ果実着色、気象災害、病害、適地移動など、及び樹園地が地球環境に及ぼす影響についての最新の情報を得る。また、これらに関連した技術を実習によりを習得する。

(研修テキスト[PDF:8.4MB])

6 花きの品質向上技術 9月7日~9月8日
(2日間)
花き研究所(つくば市) 消費拡大に向けた切り花の品質保持、品質管理技術について、講義と実習により習得する。
( 研修テキスト[PDF:10.0MB] )
7 飼料米・飼料イネ・飼料化資源の生産・調製・給与技術 10月21日~10月23日
(3日間)
畜産草地研究所・那須研究拠点(栃木県那須塩原市) 飼料イネ専用品種の特性と育種の現状、飼料用イネの低コスト多収生産技術、飼料米の調製・加工技術、豚への給与技術、飼料米等を活用した発酵TMRの調製・給与技術、自給飼料・未利用資源の活用や飼料米等利用の経営的評価等に関する技術等を習得する。
( 研修テキスト[PDF:2.2MB])
8 乳牛・肉用牛の多頭飼養における省力化飼育管理技術 8月25日~8月27日
(3日間)
北海道農業研究センター(北海道札幌市)
自給飼料を活用した乳牛・肉用牛の省力的飼養管理技術として、牛群における乳牛の繁殖管理技術、自給飼料の調製・評価技術、乳成分・乳量を維持す る飼養管理技術、TMRセンターの運営と酪農家における利用、飼料イネや農産副産物等地域未利用資源を活用したTMR生産・利用及び飼養・肥育技術等を習 得する。
(研修テキスト[PDF:9.8MB])
9 野菜の難防除病害虫に対する最新技術 Aコース
10月7日~10月9日
(3日間)
Aコース
野菜茶業研究所(三重県津市)
Aコース:
最近各地で問題となっている野菜の難防除病害虫と土壌病害について、その発生特性と診断・防除技術を習得する。
( 研修テキスト[PDF:3.3MB] )
Bコース
10月20~22日
(3日間)
Bコース
北海道農業研究センター(北海道札幌市)
Bコース:
野菜の難防除害虫である線虫類(ネコブセンチュウ、ネグサレセンチュウ、シストセンチュウ等)の最新の診断法および生態的特性を利用した防除技術について習得する。
( 研修テキスト[PDF:3.4MB] )
10 鳥獣被害の実態と被害防止技術 6月17日~6月19日
(3日間)
近畿中国四国農業研究センター(島根県大田市) イノシシ、サル、シカ、タヌキ等の生態的特性・行動特性に基づく獣害対策、ハクビシン、アライグマ等の外来動物の被害防止対策、カラス等の生態特性・行動特性に基づく鳥害対策技術を習得する。
( 研修テキスト[PDF:6.5MB] )
11 園芸施設の低コスト化技術 8月4日~8月7日
(4日間)
農村工学研究所(つくば市)
園芸施設の低コスト化に資する省エネルギーに配慮した温室の環境制御技術を習得する。
12 雑草同定・防除技術 8月18日~8月19日
(2日間)
中央農業総合研究センター(つくば市) 水稲・麦・大豆等の難防除雑草の同定法と防除技術を習得する。
( 研修テキスト[PDF:1.6MB])

最先端の分析技術等の導入

実施概要の紹介
  課題 実施期間 実施機関 研修の概要
1 DNA品種判別技術 10月19日~10月20日
(2日間)
果樹研究所(つくば市)
主要果樹のDNA品種判別技術、DNAマーカーによるカンキツの交雑実生早期選抜と品種判別技術、DNAマーカー計算ソフトウェアの利用法等を習得する。( 研修テキスト[PDF:11.3MG] )