生物系特定産業技術研究支援センター

ムーンショット型農林水産研究開発事業

ムーンショット型農林水産研究開発事業について

2050年には世界の人口増加により食料需要が現在に比べ1.7倍になると見込まれています。一方、生産効率のみを重視した従来の方式だけでは地球の自然循環機能が破綻し、立ち行かなくなるおそれがあります。そのため、食料の増産と地球環境保全を両立するために、生産力の向上だけでなく環境負荷や食品ロス問題を同時に解決していくことが必要です。

生物系特定産業技術研究支援センターは、この問題の解決に向けて掲げられたムーンショット目標5 を達成するために、10の研究開発プロジェクトを推進しています。

ムーンショット目標5 (総合科学技術・イノベーション会議決定)

2050年までに、未利用の生物機能等のフル活用により、地球規模でムリ・ムダのない持続的な食料供給産業を創出

プログラムディレクター

PD_chiba_front.png

千葉 一裕 氏

国立大学法人東京農工大学 学長

【メッセージ】
人類は農耕社会の形成を機に、食料を安定的に獲得する方法を手に入れました。しかし近年の人間活動の飛躍的拡大に伴い、人類の生存と切り離せない食料の持続的な供給は、もはやすぐ先の見通しも立たない状況にまで陥っています。これを乗り越えることは、我々が未来に対して背負う重大な責務であると共に、この経験したことのない困難に打ち勝つ知的な挑戦でもあります。今直面する世界規模の課題解決に向けて、明確な展望と構想力を持ち、既存の概念を越えた発想と実現力を結集して臨まなければならないと考えています。

研究開発プロジェクトの概要

本事業で実施している10のプロジェクトは、以下のとおりです。pdfをクリックすると、概要ページに移ります。

食料供給の拡大と地球環境保全を両立する食料生産システム

研究開発プロジェクトプロジェクトマネージャー研究開発概要(PDF)
サイバーフィジカルシステムを利用した作物強靭化による食料リスクゼロの実現 大澤 良
(国立大学法人筑波大学生命環境系)
土壌微生物叢アトラスに基づいた環境制御による循環型協生農業プラットフォーム構築 竹山 春子
(学校法人早稲田大学理工学術院)
藻類と動物細胞を用いたサーキュラーセルカルチャーによるバイオエコノミカルな培養食料生産システム【FS】 清水 達也
(学校法人東京女子医科大学先端生命医科学研究所)
シロアリの破壊的木材分解能力を用いた未利用木材の飼料化と食料化【FS】 松浦 健二
(国立大学法人京都大学大学院農学研究科)
先端的な物理手法と未利用の生物機能を駆使した害虫被害ゼロ農業の実現【FS】 日本 典秀
(国立大学法人京都大学大学院農学研究科)
牛ルーメンマイクロバイオーム完全制御によるメタン80%削減に向けた新たな家畜生産システムの実現【FS】 小林 泰男
(国立大学法人北海道大学大学院農学研究院)

食品ロスゼロを目指す食料消費システム

研究開発プロジェクトプロジェクトマネージャー研究開発概要(PDF)
地球規模の食料問題の解決と人類の宇宙進出に向けた昆虫が支える循環型食料生産システムの開発 由良 敬
(国立大学法人お茶の水女子大学基幹研究院)
フードロス削減とQoL向上を同時に実現する革新的な食ソリューションの開発 中嶋 光敏
(国立大学法人筑波大学生命環境系)
フードチェーン全体を通じた食品ロス低減とそれに伴う環境負荷削減に関する研究【FS】 金本 圭一朗
(大学共同利用機関法人人間文化研究機構総合地球環境学研究所)
自然資本主義社会を基盤とする次世代型食料供給産業の創出【FS】 高橋 伸一郎
(国立大学法人東京大学大学院農学生命科学研究科)

(注) FSについて
実効性、採算性、技術面等で精査が必要であるが、研究開発項目の実現に必要かつ挑戦的と考えられる課題について、FS (Feasibility Study) 的採択 として実施しています。

事業の設立経緯

内閣府が主導する「ムーンショット型研究開発制度」は、我が国発の破壊的イノベーションの創出を目指し、従来の延長にない、より大胆な発想に基づく挑戦的な研究開発 (ムーンショット) を、司令塔たる総合科学技術・イノベーション会議 (CSTI) の下、関係省庁が一体となって推進する新たな制度です。

本制度では、JST、NEDO、生研支援センター等に基金を設置し、CSTIが決定するムーンショット目標及び関係省庁が目標達成に向けて策定する研究開発構想に基づき、挑戦的な研究開発を推進します。

公募

実施要領