生物系特定産業技術研究支援センター

戦略的スマート農業技術等の開発・改良

スマート農業技術の開発が必ずしも十分でない品目や分野について、生産現場のスマート化を加速するために必要な農業技術の開発及び改良を推進します。

令和3年度補正予算「スマート農業技術の開発・実証・実装プロジェクト」における「戦略的スマート農業技術等の開発・改良」の概要

  • ① スマート農業技術の開発・改良

    野菜・果樹・畜産等、スマート農業技術の開発が必ずしも十分でない品目や分野について、地域の企業(農業機械メーカーやICTベンダー等)、生産者、研究機関等が連携して行う技術開発や改良を支援します。

  • ② 輸出拡大のための新技術開発

    各作目における課題の解決のため、輸出拡大にも貢献し、国内外の新たな需要に応じた生産・供給量や品質の確保等に必要な病害虫対策や生産性、鮮度保持向上の確立等の技術開発を推進します。

研究概要

令和4年度補正予算「戦略的スマート農業技術の開発・改良」及び令和5年度当初予算「次世代スマート農業技術の開発・改良・実用化」における「戦略的スマート農業技術の開発・改良」の概要

  • スマート農業技術の開発が必ずしも十分でない品目や分野(野菜(露地野菜/施設園芸)・果樹・花き・地域作物・畜産・共通基盤など。林業・水産業は除く)において、以下の目的に資する収量安定化・省力化技術の開発や改良を支援します。

    • ア 海外依存度の高い農業資材(肥料、農薬、動力光熱源、飼料)や労働力の削減と生産性向上の両立
    • イ 自給率の低い作物(麦、大豆、飼料作物、加工・業務用野菜)の生産性向上
    • ウ 非熟練者等による各種作業の早期習熟・効率化
    • エ 畑作物や野菜・果樹等への転換・定着
お問い合わせ先

事業推進部 民間技術開発課
メール : brain-smartagriweb[アット] ml.affrc.go.jp
[アット]を@に置き換えてください
※お問い合わせにつきましては原則メールでのみ承ります。