検索ページへのボタン
検索ページに移動します

採用情報

えるぼしマーク

「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(女性活躍推進法)に基づく認定マーク「えるぼし」の最上位である認定段階3を取得しました。

農研機構に就職をお考えの方へ

農研機構では「みなさまと共に食と農の未来を創ります」のビジョンステートメントのもと、農業・食料・環境に関する研究開発から成果の社会還元に貢献するため、様々な職種の職員が一体となって業務を遂行しています。ここでは、職員(研究職員及び一般職員等)の採用情報並びに契約職員等の採用情報を掲載しております。

募集

募集中の採用一覧

2023年2月3日 【勤務地: 茨城県つくば市】
本部契約職員(非常勤顧問等)/産業医
業務内容: つくば地区の5事業場ほかにおいて下記の業務を行う。 1健康診断の実施及びその結果に基づく労働者の健康を保持するための措置、健康診断後の事後措置管理の管理者への指導助言及び個別相談に関すること 2作業環境の管理に関すること 3作業の管理に関すること 4労働者の健康管理に関すること 5健康教育、健康相談その他労働者の健康の保持増進を図るための措置に関すること 6衛生教育に関すること 7労働者の健康障害の原因の調査及び再発防止のための措置に関すること 8過重労働者による健康障害に関すること 9メンタルヘルスに関すること 10職場巡視(労働安全衛生規則(昭和47年9月30日労働省令第32号)第15条に基づくもの) 11安全衛生委員会への出席(原則月1回開催) 12職場復帰支援プログラムの実施に関すること 13ストレスチェックの実施に関すること
2023年2月3日 【勤務地: 茨城県つくば市】
本部契約職員(事務補助)/ 総務部経理課
業務内容: 経理課に関する補助業務
2023年2月3日 【勤務地: 茨城県つくば市】
作物研究部門農研機構特別研究員/作物遺伝子機能評価グループ
業務内容: 今年度採択された「イノベーション創出強化研究推進事業・虫媒受粉制御とゲノミック予測の融合によって新規育種素材を創出する大豆循環選抜育種法の開発」の循環選抜に利用している大豆の雄性不稔遺伝子の原因遺伝子を順遺伝学的手法で単離し、突然変異体等を用いた機能解析、循環選抜材料のゲノム解析を行っていただきます。
2023年2月3日 【勤務地: 茨城県つくば市】
任期付職員(一般職員・事務系)募集要領(R4-NJ011)
業務内容: 広報に係る業務(イベント、要人視察及びその他広報に係る業務)
2023年2月1日 【勤務地: 岩手県盛岡市】
東北管理部会計課契約職員(補助員(特殊・技能労務))の募集 (締切:2月20日 (月曜日))
業務内容: 緑地管理、環境整備(除草・除雪等) 自動車運転、整備業務(マイクロバスを含む) その他、上記に付随する業務
2023年1月27日 【勤務地: 茨城県つくば市】
任期付職員(一般職員・事務系)募集要領(R4-NJ010)
業務内容: 資産の管理、施設の営繕、施設及び工作物の利用に係る連絡調整等の業務
2023年1月26日 【勤務地: 神奈川県川崎市】
生物系特定産業技術研究支援センター(研究管理部職員管理課) / 契約職員(補助員)の募集について
業務内容: ・総務部門における事務補助業務 センターにおける以下の業務に従事していただきます。 (1)庶務業務(勤怠管理、窓口受付、電話対応、秘書、文書管理、郵便業務等) (2)厚生業務(社会保険、年金・雇用保険等) (3)その他、配属部署における庶務全般
2023年1月26日 【勤務地: 神奈川県川崎市】
生物系特定産業技術研究支援センター(事業推進部スタートアップ支援課) / 契約職員(補助員)の募集について
業務内容: ・委託事業関係事務補助業務 委託事業関係に係る資料作成、入力、確認作業等に従事していただきます。具体的な業務内容は以下のとおりです。 (1)委託事業に関する資料の審査(必要書類の有無の確認、チェックリストに従い不備の有無等の内容確認等)、資料作成、資料整理・保管、委託先との調整(打合せ又は電話、電子メールによる対応)、会議対応業務(電話、電子メールによる対応等)、庶務業務(電話、来客対応、職員不在時の庶務業務全般(消耗品補充、備品補充、郵便の確認等)) (2)その他上記業務に付随する一般事務(経理、契約業務及び職場の整理・整頓を含む)
2023年1月23日 【勤務地: 茨城県つくば市】
生物機能利用研究部門 契約職員(契約研究員)の募集について
業務内容: 豚の抗病性向上のための分子生物学・細胞生物学的研究 動物モデル開発グループでは豚の遺伝的抗病性の改良のための研究を実施しています。豚の病原体認識に関与する免疫系遺伝子等の機能や、遺伝子多型の分子機能への影響について、遺伝子・細胞レベルでの解析を行うとともに、外部機関と協力して個体レベルでの影響についても検討しています。また、豚の免疫系細胞の単離や細胞株の樹立、さらにはその活用についての研究も行っています。契約研究員の方には、これらのテーマに沿った研究業務に従事していただく予定です。 (動物の免疫学・細胞生物学に関して知識のある方、興味のある方を歓迎します)
2023年1月23日 【勤務地: 茨城県つくば市】
生物機能利用研究部門 契約職員(特別研究員)の募集について
業務内容: JST 共創の場形成支援プログラム(COI-NEXT)において、ミツバチを用いたデジタル育種法の確立のための研究を行う。具体的にはバイオインインフォマティクスチームと連携して、ゲノム編集を利用した形質の改良と有用系統の作出を行う。

採用の基本的な考え方、採用方法等

職員(研究職員・一般職員)の新規採用については、「新規職員採用サイト」をご覧下さい。
契約職員の採用については、募集を行っている各研究センター等にて、選考が行われます。

人材育成

農研機構の人材育成プログラムについてご紹介します。

詳しくはこちら