農業情報研究センター

データ研究推進室

データ研究推進室は、農研機構のデータ戦略立案の役割を担い、データ駆動型農業を支えるAI計算用スーパーコンピューター「紫峰」と、農研機構統合データベース(NARO Linked DB)の構築、運用を行っています。また、NARO Linked DBと紫峰とを連携させた農業ビックデータの分析、AI計算などのサポートも行っています。
機構内の全研究データにメタデータを付与して一元的に集約したNARO Linked DBは、我が国唯一の農業研究データレポジトリであり、今後、バイオサイエンスなど他分野のデータレポジトリとの連携も図っていきます。また、農業データ連携基盤WAGRIとも連携しており、機構内の有用な研究データや関連省庁のデータなどを民間企業等に提供し、農業・食品産業に寄与することも目的としています。
さらに、核磁気共鳴装置(NMR)など農研機構が誇る高度分析装置とAIスーパーコンピューター「紫峰」とを連携させることで、コロナ禍においてリモートから安全に分析、解析を行えるシステムを民間企業等に提供していきます。

室長

川村 隆浩 (かわむら たかひろ)(企画戦略本部 データマネジメント管理役 兼 WAGRI推進室長)

メンバー