農研機構 動画集

農研機構が開発した新しい品種や最新技術などの研究成果を動画でご紹介しています。

学びがいっぱい!! お家で楽しむ農業動画集

農研機構おすすめ動画のうち、ご家庭で気軽に楽しめる農業動画をセレクトしました。

学びがいっぱい!! お家で楽しむ農業動画集

最近公開された動画

農研機構 東北研 市民講座 第40回「牛が創るお花畑」

「牛が創るお花畑」とはどんなものでしょう。まさか、牛が雑草を抜いたり、花の種を播いたりするのでしょうか。実はその通りです。日本短角種牛が育てたお花畑が出てきます。

【みかん栽培】#7 毎年果実をつける技術

みかんには、毎年の収量が不安定になりやすい特性があります。毎年安定して果実をつけるための技術を、農研機構のみかん専門家が丁寧に解説します。

令和3年度 実用新技術講習会

実用新技術講習会は,農研機構農村工学研究部門が毎年開催しており、当研究部門の取組み成果のうち,普及が大いに期待でき直接的に利用可能である農業農村整備に関する最新の成果等について行政担当者、農業、土地改良関係団体、民間企業、農業者の皆様を対象として幅広くご紹介します。

令和2年度 実用新技術講習会

実用新技術講習会は,農研機構農村工学研究部門が毎年開催しており、当研究部門の取組み成果のうち,普及が大いに期待でき直接的に利用可能である農業農村整備に関する最新の成果等について行政担当者、農業、土地改良関係団体、民間企業、農業者の皆様を対象として幅広くご紹介します。

養豚場の排水処理を省エネにするBOD監視システム

排水処理施設では浄化槽の曝気に多量な電力が消費されおり、省エネが求められています。農研機構は発電細菌を利用した新しいBOD(生物化学的酸素要求量)バイオセンサーを開発しました。そのセンサーを活用することで、養豚場排水処理施設の曝気時間を必要最小限に抑えて省エネを可能にする新しい技術を開発しました。

水のある自然環境下で発電してセンサーを駆動できる微生物燃料電池

水田や池に設置して発電する安価で実用的な微生物燃料電池を開発しました。この電池は、泥に含まれている発電細菌が周囲の有機物を分解することで発電します。気温や水温、CO2濃度など周辺環境を測定するセンサーを駆動できます。

【みかん栽培】#6 園地設計と植え付け

果実が甘くなるみかん園の設計と基本的なみかん苗の植え付け方法について解説します。

【みかん栽培特別編】興津カンキツ研究拠点のご紹介

国立研究機関として日本で唯一のカンキツ専門の研究拠点である興津カンキツ研究拠点は、静岡県静岡市(旧清水市)にあります。当拠点は、100年以上にわたって日本におけるみかん研究の中心を担い、現在も新しい品種や技術の開発に取り組んでいます。

農研機構 東北研 市民講座 第39回「多様な植物を一緒に植えると野菜の害虫が減るんです」

露地野菜の畑にさまざまな植物を混植することで、病害虫を抑える方法が古くから知られています。本講演では、露地野菜畑で発生する害虫や天敵に関する知識を交え、二次植物を使って野菜の害虫を抑えることで殺虫剤を削減する方法を紹介します。

おすすめ動画

農研機構紹介動画

農研機構は、農業・食品産業における国内最大の公的研究機関です。
農研機構が研究開発した技術や品種を、分かりやすく紹介します。

ロボットやICTを活用したスマート農業の実現に向けて

ロボットトラクタや自動運転田植機、イチゴ収穫ロボットなど、農研機構が取り組む「スマート農業」の研究を分かりやすく動画で紹介します。

米粉パンの新しい作り方-小麦粉やグルテンを加えません-

小麦粉の代わりに米粉を使用した、米粉パンの新しい作り方を紹介します。小麦粉やグルテンなどは加えません。

難裂莢大豆の開発と普及

成熟しても莢がはじけにくい大豆品種の開発とその特徴を簡潔に紹介しています。

YouTube プレイリスト集

カテゴリー別

自動走行トラクターや自動運転田植機などの様子がご覧いただけます。

農研機構が開発した新しい品種の農作物をご紹介。

農業を効率化・高度化するための最新技術はこちら。

栽培方法や農業資材の使用方法、実験方法を動画で解説。

農研機構で行っている様々な研究の概要紹介動画です。

農研機構品種を使ったお料理のレシピ動画。

サツマイモに関する動画です。

イチゴに関する動画です。

イネに関する動画です。

英語版です。

研究所別

先端的研究基盤(基盤技術研究本部)

アグリ・フードビジネス(セグメントI)

スマート生産システム(セグメントII)

アグリバイオシステム(セグメントIII)

ロバスト農業システム(セグメントIV)

▲ ページトップ