作物研究部門
2021年12月02日イベント・セミナー
次世代品種開発セミナー「プラットフォームを活用した異分野研究連携とデータ駆動型スマート育種の推進」開催のお知らせ (12月10日 開催)
2021年11月10日研究活動
令和3年度 アラニンアミノ酸転移酵素を改変した穂発芽耐性コムギの生育状況(播種の様子 11月5日、観音台第2事業場隔離ほ場)
2021年11月04日研究活動
令和3年度 ゲノム編集コムギの栽培を実施 *播種実施日の決定について
2021年11月01日研究活動
令和3年度 ゲノム編集コムギの栽培を実施*播種実施日の延期について
2021年10月27日プレスリリース
(研究成果) 自然環境の干ばつを再現した自動潅水(かんすい)制御システムを開発- 地球環境変動時代の迅速な作物開発を強力にサポート -
2021年10月11日プレスリリース
(お知らせ) オンラインシンポジウム 「2050年、食料リスクのない豊かな社会を目指して」の開催
2021年09月29日プレスリリース
(お知らせ) 農研機構と日清製粉およびJA全農による国産小麦の共同開発の取組について
2021年09月24日研究活動
令和3年度 ゲノム編集技術により得られたアラニンアミノ酸転移酵素を改変した穂発芽耐性コムギの栽培実験について
2021年09月14日プレスリリース
(研究成果) ジャガイモ・サツマイモの品種開発を効率化するDNAマーカー迅速作製法を開発
2021年07月12日プレスリリース
(研究成果)地中の生物をリアルタイムで可視化する装置「Fiber-RADGET」を開発 - 光ファイバによる根の可視化が実現、フィールドでのモニタリングへの応用 -(外部リンク:海洋研究開発機構)
2021年10月27日プレスリリース
(研究成果) 自然環境の干ばつを再現した自動潅水(かんすい)制御システムを開発- 地球環境変動時代の迅速な作物開発を強力にサポート -
2021年10月11日プレスリリース
(お知らせ) オンラインシンポジウム 「2050年、食料リスクのない豊かな社会を目指して」の開催
2021年09月29日プレスリリース
(お知らせ) 農研機構と日清製粉およびJA全農による国産小麦の共同開発の取組について
2021年09月14日プレスリリース
(研究成果) ジャガイモ・サツマイモの品種開発を効率化するDNAマーカー迅速作製法を開発
2021年07月12日プレスリリース
(研究成果)地中の生物をリアルタイムで可視化する装置「Fiber-RADGET」を開発 - 光ファイバによる根の可視化が実現、フィールドでのモニタリングへの応用 -(外部リンク:海洋研究開発機構)
2021年03月24日プレスリリース
(研究成果) ドローン空撮画像を用いた水稲生育量の調査法を開発- DNA分析と組み合わせて生育量に関わる遺伝子を特定 -
2021年02月05日プレスリリース
(研究成果)198種類のダイズのゲノム配列を比較しました~農業上重要な形質をもたらす遺伝子変異の発見に期待!~(外部リンク:かずさDNA研究所)
2021年02月02日プレスリリース
(お知らせ) 「もち麦サミット2021 Online ~もち麦のさらなる利用拡大に向けて~」オンラインシンポジウムを開催
2020年11月26日プレスリリース
(研究成果)日本コムギ農林61号など世界15品種の高精度ゲノム解読に成功~ゲノム情報を利用した迅速な分子育種技術の開発に期待~(外部リンク:横浜市立大学)
2020年11月16日プレスリリース
(研究成果)植物の甘味成分グリチルリチンの酵母生産に成功 -最後の1ピースの酵素遺伝子の発見、植物バイオテクノロジーで大豆の育種にも貢献-(外部リンク:大阪大学)