プレスリリース
(お知らせ) ムーンショット型農林水産研究開発事業 シンポジウム
「牛の生産性向上とメタン抑制の両立の実現に向けて」を開催

情報公開日:2021年9月13日 (月曜日)

農研機構
国立大学法人北海道大学
一般社団法人日本科学飼料協会

ポイント

  • 農研機構は10月7日(木曜日)、ムーンショット型農林水産研究開発事業の研究課題「牛ルーメンマイクロバイオーム完全制御によるメタン80%削減に向けた新たな家畜生産システムの実現」に関するシンポジウムをオンラインで開催します。
  • 牛のゲップに含まれるメタン排出削減の取り組みと、期待される成果について発表します。

概要

農研機構は、農林水産省の「みどりの食料システム戦略」で位置付けられた温室効果ガスの削減に資するための様々な研究開発を行っており、本研究課題について、牛メタン削減コンソーシアムの構成員として、2050年までに牛の消化管発酵由来のメタン産生量の80%削減と乳・肉生産性10%向上を可能とする、持続的な家畜生産システム開発における現在の取り組みについて発表する、シンポジウムを下記のとおり開催します。

本シンポジウムでは、メタン削減を実現するための飼料資源開発、ルーメン微生物研究、ルーメン発酵モニタリングシステム開発について発表します。また、これらの研究の実現の可能性、海外や各分野からの期待についてメッセージを頂きます。併せて、アンケートにより削減技術などへのご意見を集約し、プロジェクト成果資料作成の参考といたします。

2021年10月7日(木曜日)13時00分~16時00分
開催方法
オンライン開催(Zoomウェビナー)
牛メタン削減コンソーシアム
生物系特定産業技術研究支援センター
国立大学法人北海道大学
農研機構畜産研究部門
一般社団法人日本科学飼料協会
300名規模
申込方法
以下の北海道大学のホームページから、申込みフォームにてお申し込みください。
北海道大学ウェブサイト
当日の接続アドレスをご登録いただいたメールアドレスへ送信いたします。
申込期限
ありません。当日のシンポジウム終了まで申込可能です。
その
詳細については別紙開催要領をご覧ください。なお、申し込み手続きの都合で、報道関係者を別枠とすることができませんので、参加ご希望の関係者は、できるだけ早めの参加登録をお願いします。
問い合わせ先
開催担当者 :
農研機構畜産研究部門 乳牛精密管理研究領域佐々木 修
北海道大学 大学院農学研究院小林 泰男
一般社団法人日本科学飼料協会竹中 昭雄
広報担当者 :
農研機構畜産研究部門 研究推進室粕谷 悦子
北海道大学 大学院農学研究院小池 聡
一般社団法人日本科学飼料協会 事務局橋元 康司