中日本農業研究センター

概要

私たち中日本農業研究センターは、農研機構のフロントラインとして、関東東海北陸地域の農業が抱える課題の解決に取り組み、成果を広く普及させていく役割を担っています。関東東海北陸地域の農業・農業経営を取り巻く環境は大きく変化しており、規模拡大や経営の多角化が進む中で、私たちが開発する新たな技術の受け皿となる先進的な農業経営も多数成立してきています。それら農業者や消費者の皆さんの期待に応えうる技術や品種、新たな知見を提供していくことが急務となっています。また、令和3年4月から始まる第5期中長期計画では、関東東海北陸地域特有の技術開発に特化した組織として、都市近郊地域におけるスマート生産・流通システムの構築を目指します。そして、これまでと同様に様々な専門分野の研究者が相互に連携しながら、出前技術指導や現地実証研究などを通して営農現場の課題解決に取り組んでまいります。