種苗管理センター

品種類似性試験(DNA分析)の対象植物種及び識別可能な登録品種

権利の有効な登録品種を守るサポートとして、「育成者権の侵害が疑われる場合」に限り、分析を行います。
この試験では、提出された疑義品種とセンターの保有する遺伝子型データベースとの比較を行います。
現在、DNA品種識別技術を有している植物種で、その技術により識別可能な登録品種は以下の通り。

植物種

試料の形態

分析手法

品種識別可能な登録品種

いぐさ

茎、畳表

SSR

ひのみどり(1)

イチゴ

葉、果実のへた

CAPS

福岡S6号(あまおう)、さがほのか、紅ほっぺ 他(62)

カーネーション

SSR

花恋ルージュ、さんご、だいすき 他(34)

カンキツ

CAPS

せとか、甘平、はれひめ 他(12)

SSR

さいのみどり、さきみどり、はるもえぎ、みやまかおり、むさしかおり、りょうふう 他(30)

製茶

CAPS

香駿、はるのなごり、なごみゆたか(3)

トウモロコシ

SSR

ゆめそだち、ゆめちから、ゆめつよし 他(15)

ニホンナシ

SSR

あきづき、王秋、秋麗 他(24)

パインアップル

レトロトランスポゾン

ゴールドバレル、ジュリオスター、サマーゴールド、ゆがふ(4)

ヒマワリ

SSR

レモネード(1)

ブドウ

SSR

シャインマスカット、ナガノパープル、クイーンニーナ 他(7)

果実

SSR

リンゴ

SSR

もりのかがやき、おぜの紅、こうたろう 他(9)

植物種

試料の形態

分析手法

品種識別可能な登録品種

小豆

種子

RAPD-STS SSR

-

加糖あん

SSR

オウトウ

葉、果梗、果実

SSR

-

白いんげんまめ

子実、葉

RAPD-STS

-

バレイショ

SSR

-

略称
CAPS
RAPD
SSR
STS
名称
: Cleaved Amplified Polymorphic Sequence
: Random Amplified Polymorphic DNA
: Simple Sequence Repeat
: Sequence Tagged Site