種苗管理センター

ばれいしょ、さとうきびの原原種生産


ばれいしょ及びさとうきびは我が国の基幹的な畑作物です。これらは栄養繁殖性であり、ウイルス病や細菌病等の病害に感染すると種苗により産地に広がり、収量が低下します。
このため、種苗管理センターではこれら病害のまん延防止のため、種苗増殖の起点となる健全無病な原原種(元だね)を安定的に生産・供給しています。
併せて、試験研究機関向けとして、調査及び研究用に供するばれいしょ及びさとうきび種苗を供給しています。


種苗の配布について

1 原原種の配布

都道府県からの申請に応じて、国が定めたばれいしょ原原種及びさとうきび原原種配布要綱(以下「配布要綱」という。)に基づき、配布しています。

配布要綱に基づく公表事項

配布要綱第4「原種ほ及び採種ほの設置計画書の提出」の1の(2)の過去2カ年の配布申請数量が50袋(20kg/袋)を下回った品種について公表します。

  • ばれいしょ原原種の品種別配布申請数量(平成27年度~令和元年度)【PDF:273KB】

原原種種苗配布実績

規程等

2 調査用種苗の配布

調査及び研究用として、ばれいしょ及びさとうきびの種苗を配布しています。

申請できる方

都道府県、大学等の試験研究機関並びに農業者の組織する団体等の長

申請にあたっての条件

  • 配布された種苗を調査及び研究に用いることとし、事業(採種や商業生産)に用いないこと
  • 調査及び研究が終了した後は、調査研究実績報告書を提出すること

申請書の提出期限

  • ばれいしょ (秋植用)6月30日、(春植用)9月15日
  • さとうきび (春植用)1月15日、(夏植用)8月31日

規程等

  • ばれいしょ及びさとうきび調査用種苗配布規程【PDF:80KB】