農業情報研究センター

多変量解析ユニット

多変量解析ユニットは、気象情報、ゲノム情報、作物体の測定情報など様々なデータの間の関係を人工知能技術でモデル化することにより、出荷管理や育種の効率化などの農業分野の課題解決を目指します。具体的なテーマとして、気象データ等の栽培環境データを用いた作物の品質や出荷時期などの生育予測、作物品種の形質データとゲノム・遺伝子等のオミクス情報を用いた形質予測による科学的で経験に依存しないスマート育種システムの開発などが挙げられます。当ユニットの対象分野は多岐にわたり、ため池の震災時の被災レベル予測や農業分野における窒素循環の可視化、さらには、 ゲノム編集などの新技術に対する国民の受け止め方の分析などの課題に取り組んでいます。
なお、代表的な成果につきましては以下のプレスリリースをご覧ください。

変量解析ユニットの研究の一部

ユニット長

菊井 玄一郎(きくい げんいちろう)

メンバー