農業情報研究センター

確率モデルユニット

確率モデルユニットでは、農業分野のビッグデータを活用して、機械学習やコンピューター集約的な統計技術により高度なモデルを構築することで、農業現場に役立つサービスの開発を行っています。
現在、人工知能による病害虫画像診断や、ヒストリカルデータを活用した病虫害発生予測モデル、発生予察事業をサポートする調査アプリ、遺伝情報に基づく細菌・ウィルス診断、食品・農産物を評価する香りセンサー、施設園芸におけるオーダメイド栽培、などに取り組んでいます。これらの成果はWAGRI(農業データ連携基盤協議会)などを通じて、社会実装を目指します。
また、農研機構の他部門と連携して、ゲノム編集標的配列予測ツールの開発、カイコ遺伝子ネットワーク構築による有用物質産生関連遺伝子の同定、青果物の鮮度評価技術の開発、AIを用いたアニマルウェルフェアに対応した家畜の飼養管理技術の開発にも取り組んでいます。

ユニット長

山中 武彦 (やまなか たけひこ)

メンバー