農業情報研究センター

画像認識ユニット

画像認識ユニットは、圃場作物や果樹、畜産など農業分野全般を研究対象とし、画像認識や画像処理を応用した病害検出、害虫判別、牛分娩難易度判別、作物生育予測、土壌診断などの技術開発を行っています。画像により、種子バイレショ生産圃場での異常株検出に取り組んでいるほか、イネウンカ類の種判別・計数システムの開発を行っており、その中で、判別の根拠を説明できるAIアルゴリズムを開発しました。また、ドローン画像と作物生育モデル、さらに土壌情報を組み合わせた、作物生育・収量予測方法の開発を行っています。

ユニット長

杉浦 綾(すぎうら りょう)

メンバー