東北農業研究センター

野菜新作型グループ

加工業務用として利用されるタマネギについて、生産量拡大と安定供給の実現のため、フードシステム全体を俯瞰した技術開発を進めます。
具体的には、苗の生育の良否の影響を受けにくく、気象の影響により変化する定植適期に応じたカスタマイズが可能な、セット球を用いた生産体系を構築します。スケジュール自由度の高い生産技術に対し、生育モデルや気象データを活用した生産支援システムにより、変化に応じた栽培管理スケジュールを提示し、多様な生産諸条件において標準的な収量確保を支援します。さらに、作物生育や気象センシングデータの活用により実用に足る収穫日や収量の予測を実現することで、実需者とのマッチングを支援し収穫前の販売契約の精度向上に寄与します。このシステムを介し複数の生産者が連携することで、出荷数量の増加や出荷期間の延長が達成され、生産者と実需者の双方にメリットをもたらします。こうした技術体系の要素技術として、画像情報などのセンシング技術を活用した省力的なデータ取得技術の開発、土壌条件に応じた施肥や病害虫発生リスクに応じた防除など、栽培支援に必要な技術選択のアルゴリズム化を進めます。

生育モデルやセンシングを活用した栽培支援

メンバー