研究活動報告

「スマート農業技術活用産地支援事業」の公募について

情報公開日:2022年6月28日 (火曜日)

2022年6月28日掲載
2022年6月29日更新

農業の国際競争力の強化に向けては、先端技術を活用したスマート農業の社会実装を加速化し、人口減少社会を迎えて脆弱化が懸念される国内の食料生産基盤の強靱化を図る必要があります。
このため、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(以下「農研機構」という。)は、令和3年12月に予算成立した「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」(令和3年度補正予算)により、スマート農業実証プロジェクトで得られた成果を実証未参加の産地に横展開することで、スマート農業技術の社会実装の加速化を行うこととし、「スマート農業技術活用産地支援事業」において実施する支援計画を公募します。
本事業への応募を希望される方は、公募要領に従って「企画提案書」を提出してください。

1. 事業概要

本事業においては、次に掲げる内容を実施することとします。

  • (1)スマートサポートチームによる産地への指導

    スマート農業技術の活用を支援するスマートサポートチームと、支援を受ける産地とが合同でコンソーシアム(以下「実施グループ」という。)を結成してください。スマート農業実証プロジェクトでスマート農業の実証を行った経験のある者を含むスマートサポートチームは、本事業の実施グループに参画し支援を希望する産地を対象に実地指導を行います。

  • (2)産地におけるスマート農業技術活用産地支援手引き書の作成

    実施グループは、産地がスマート農業技術を効果的に導入・活用する際の検討に必要となる営農・経営データ等の種類やその収集・分析方法について検討するとともに、当該データに基づくスマート農業技術の利活用や営農・経営改善の進め方とその効果を体系的に整理した手引き書を、(1)で行うスマート農業技術の活用支援に係る実地指導の経過・実績を調査・分析し、その結果を踏まえて作成します。

詳しくは公募要領及び仕様書をご覧ください。

2. 事業実施期間

契約締結の日から、令和6年2月29日(木曜日)までを限度とする期間。

3. 公募の対象となる取組主体の要件

本事業の取組主体は、以下の要件を満たす実施グループとします。
スマート農業技術の支援を行うスマートサポートチームと、支援を受ける者とが合同して結成したコンソーシアムを、本事業の実施グループとします。実施グループは、次の①~⑦に掲げる者の全部又は一部とします。

  • ① 産地を形成する農業団体(JA(生産部会)、集落営農等)
  • ② 普及指導員
  • ③ 営農指導員(JA)
  • ④ 都道府県、市町村、公立試験研究機関及び地方独立行政法人
  • ⑤ 大学及び大学共同利用機関
  • ⑥ 国立研究開発法人、特殊法人及び認可法人
  • ⑦ 民間企業、一般又は公益法人、NPO法人、協同組合

ただし、活用支援を受ける産地については、上記①に加え②又は③が参画していることを必須とします。
また、スマートサポートチームには、過去にスマート農業実証プロジェクトに参画した者がその構成員として加わることを必須とし、当該事業で指導対象とするスマート農業技術は当該スマートサポートチームの構成員が過去に参画したスマート農業実証プロジェクトの課題で実証した技術を含むものとします。

4. 公募期間

令和4年6月28日(火曜日)~令和4年7月27日(水曜日) 正午(←正午に修正しました!)

5. 公募要領、提案書様式等

(1) 公募要領

(2) 関連書類・動画

(3) 関係する通知、指針及び規程

(4) 参考情報

公募に係る内容、予算等についての説明は、以下のWEBにも情報が掲載されております。

(5) 契約方法

本事業の契約については、選定された委託予定先の代表機関と農研機構が直接委託契約を締結します。詳細については、(1)公募要領の「要件等」を参照してください。

本様式は今後変更の可能性があります。

6. 応募方法

(1)提出期限

令和4年7月27日(水曜日)正午必着とします。(←正午に修正しました!)

(2)提出方法

上記(1)までに、原則、電子メールにて提出してください(詳細は公募要領別紙2のとおり)。
電子メール以外で提出する場合は、PDFファイルを電子媒体(CD-R、DVD-R等とし、ウィルス対策を施すこと。)に格納し、当該電子媒体に事業名及び代表機関の事業者名を表示(ケースは不可)の上、提出してください。
なお、郵便・信書便で提出する場合は、書留郵便等の配達記録が残るものに限ります。
詳しくは公募要領をご覧ください。

7. 今後のスケジュール(予定)

令和4年 6月28日(火曜日) 公募要領の公表・公募開始
7月27日(木曜日) 正午 公募受付締切(←正午に修正しました!)
7月下旬 書類審査、応募者への質問
8月下旬 採択結果公表

8. その他

ご不明な点につきましては、下記までお問い合わせください。

総合窓口

農林水産省 スマート農業実証プロジェクト推進チーム(農林水産省農林水産技術会議事務局研究推進課内)
E-mail:

公募について

農研機構 本部 スマート農業事業推進室実装チーム
E-mail:

契約事務について

農研機構 本部 スマート農業事業推進室推進チーム
E-mail: