研究活動報告

「戦略的スマート農業技術の実証・実装」の公募について

情報公開日:2023年1月 4日 (水曜日)

2023年1月4日掲載
2023年1月10日更新

農業の国際競争力の強化に向けては、先端技術を活用したスマート農業の社会実装を加速化し、人口減少社会を迎えて脆弱化が懸念される国内の食料生産基盤の強靱化を図る必要があります。
このため、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(以下「農研機構」という。)では、「戦略的スマート農業技術の実証・実装」(令和4年度第2次補正予算)において、委託研究の実施を希望する研究機関等を一般に広く募ることにいたしました。
本事業への応募を希望される方は、公募要領に従って実証課題提案書(以下「提案書」という。)を提出してください。

本事業の内容につきましては、以下のホームページにも情報があります。

公募の要点を記載した説明資料をこちらに掲載しておりますので、応募される場合は、必ずご一読ください。

1. 事業概要

海外依存度の高い農業資材や労働力の削減、自給率の低い作物の生産性向上等に必要なスマート農業技術を導入するための実証について、公募を通じて委託します。

2. 公募対象

応募者は、以下の(1)、(2)又は(3)のいずれか1つ以上の実証内容を選択するとともに、その条件を満たしてください。

(1) 海外依存度の高い農業資材の削減と生産性向上を両立させるスマート農業技術の実証

以下の①及び②を実施すること

  • ①海外依存度の高い農業資材(肥料、農薬、動力光熱源、飼料)の削減の条件

    スマート農業技術の導入により、対象とする作業において、以下のア~エのいずれか1つ以上実施すること

    • ア 化学肥料使用量を10%以上削減
    • イ 化学農薬散布量を10%以上削減
    • ウ 化石燃料使用量等を10%以上削減
    • エ 輸入飼料使用量の削減
  • ②生産性向上の条件

    収量、品質、収益(売上)等の現状維持又は増加

(2) 労働力の削減と生産性向上を両立させるスマート農業技術の実証

以下の①及び②を実施すること

  • ①労働力の削減の条件

    外部雇用者※が従事している作業(外部雇用者の従事割合が5割以上の作業に限る)において、当該作業の投下労働時間を2割以上削減
    ※ 技能実習生や非正規雇用(契約職員、パート、アルバイト)

  • ②生産性向上の条件

    収量、品質、収益(売上)等の現状維持又は増加

(3) 自給率の低い作物の生産性向上するスマート農業技術の実証

  • 〇自給率の低い作物(麦、大豆、飼料作物、加工・業務用野菜)の生産性向上の条件

    投下労働時間を2割以上削減又は、収量、品質、収益をいずれか1つ以上を2割以上増加

3. 公募期間

令和5年1月4日(水曜日)~令和5年2月13日(月曜日) 正午(午前12時00分)

4. 公募要領、提案書様式等

(1) 公募要領

(2) 提案書等の様式(公募要領別紙5,6,7)

【応募時に提出が必要な様式】
【実績報告時(1年後)に提出が必要な様式】

(3) 関連書類

(4) 公募に係るWEB説明

公募に係る内容、契約に係る手続、提案書類等について説明するため、上記のとおり説明資料を掲載します。応募をご検討の場合、必ずご覧いただきますよう、よろしくお願いします。ご質問はメールにて受け付けいたします(7.その他 問合せ先を参照)。

(5) 関係する通知、指針及び規程

(6) 参考情報

公募に係る内容、予算等についての説明は、以下のWEBにも情報が掲載されております。
令和元年~4年採択の先行課題についての情報はこちらにあります。
その他の情報

(7) 契約方法

本事業の契約については、選定された委託予定先の代表機関と農研機構が直接委託契約を締結します。詳細については、(1)公募要領の「契約手続について」を参照してください。

本様式は今後変更の可能性があります。

5. 応募方法

応募に当たっては、府省共通研究開発管理システム (以下「e-Rad」という。) を使用することになっていますので、公募要領の別紙4を参考に電子申請を行ってください(郵送、持参、Fax及び電子メールによる提出は受け付けることができませんので、ご注意ください)。
応募の際に提出いただく書類は、「実証課題提案書」及び「データマネジメント企画書」になります。
代表機関は、e-Radを利用して令和5年2月13日(月)正午(午前12:00)までに電子申請(e-Radの状態を「配分機関処理中」又は「受理済」)を行ってください。

e-Radを利用するためには、研究機関及び研究者情報の登録が必要となります。登録手続には日数を要する場合がありますので、2週間以上の余裕を持って登録手続をしてください。なお、他省庁等が所管する制度・事業で登録済の場合は再度登録する必要はありません。その他e-Radを使用するに当たり必要な手続については e-Radのポータルサイトを参照してください。

※e-Rad登録申請書類の記載不備がある場合、登録作業が遅れる原因になりますので、書類作成には細心の注意を払い、お早めに手続きいただくようお願い致します。

締切前は、混雑によりシステムエラーが生じる場合があります。システムの都合であっても受付期限を過ぎた応募は受け付けられませんので、余裕を持って応募いただくようご留意ください。
e-Radの利用可能時間帯は、平日、休日ともに0時00分~24時00分です。祝祭日であっても利用可能ですが、保守・点検を行う場合、e-Radの運用停止を行うことがあります。運用停止を行う場合は、ポータルサイトにて予めお知らせがあります。
なお、e-Radのヘルプデスクの運用時間は、令和5年1月4日現在で、平日9時00分~18時00分です。

6. 今後のスケジュール(予定)

令和5年 1月4日(水曜日) 公募要領の公表・公募開始
2月13日(月曜日)正午 公募受付締切
2月中下旬 書類審査、応募者への質問
3月上旬 審査委員会による審査会
3月中旬 委託予定先の決定
3月下旬 実施計画書及びコンソーシアム設立規約の提出、
契約締結の可否の審査
3月下旬以降 委託契約の締結

(注) スケジュールを変更する場合には、農研機構のウェブサイトで随時お知らせいたします。

7. その他

ご不明な点につきましては、下記までお問い合わせください。

総合窓口

農林水産省 スマート農業実証プロジェクト推進チーム(農林水産省農林水産技術会議事務局研究推進課内)
E-mail:

公募について

農研機構 本部 スマート農業事業推進室実証チーム
E-mail:

契約事務について

農研機構 本部 スマート農業事業推進室推進チーム
E-mail:

e-Radについて

e-Radヘルプデスク
Tel:0570-057-060、03-6631-0622(直通)
「府省共通研究開発管理システム(e-Rad)」ポータルサイトに掲載されている「お問合せ方法」のページも御確認ください。