北海道農業研究センター

北海道における水稲乾田直播栽培技術

トップ画像

北海道における水稲乾田直播栽培面積は、近年急速に増加し、2020年に1,500haを超えました。

乾田直播栽培は、ケンブリッジローラーなどによる鎮圧と、麦用グレーンドリルを用いた播種、さらに北海道では春作業の省力化のため前年整地を行うなど、移植栽培とは大きく異なります。そのため、技術的に新たに修得すべき要素も多くあります。

そこで、北海道農業研究センターでは、乾田直播栽培技術の修得支援を目的として、このサイトを新たに開設しました。このサイトが、水稲乾田直播栽培技術の導入・定着の参考となれば幸いです。

目次

I 技術情報

補足

補足1 前年整地の効果
補足2 レーザー均平機と均平の作業手順
補足3 GNSS均平機と高低差マップの活用
補足4 除草剤の情報

II 乾田直播栽培の取り組み事例

III 乾田直播栽培の動画

IV 参考情報

V 関連情報

免責事項

このサイトに記載された栽培・作業暦に示したスケジュールは、北海道空知地方における例であり、地域や気候条件等より変動することにご留意ください。なお、本サイトの技術情報の利用は、利用者の判断と責任で行うものであり、農研機構は、掲載された技術情報の利用、あるいは技術を利用できないことによる結果については一切責任を負いません。

当サイトに関するお問い合わせ

農研機構 北海道農業研究センター 研究推進部 事業化推進室
技術についてのお問い合わせ (メールフォーム)