中日本農業研究センター

出前技術指導

背景とねらい

中日本農業研究センターで研究開発した技術を生産現場に広く普及させるには、その技術の良さを生産現場の皆様に知っていただくことが必要です。そこで、先進的で意欲的な農業者がその技術を試行・体験できる機会を提供し、技術の良さを直接体験することによって、技術普及を加速化することをねらいとして、出前技術指導を行います。

令和4年度出前技術指導実施概要

出前技術指導の実施課題の概要を以下に掲載しました。出前技術指導を希望される方は、留意事項等をご確認のうえ、連絡窓口にお申し込みください(時期や内容、応募状況により対応できない場合もありますので、その点、ご了解ください)。

なお、出前技術指導を円滑に行うため、現地所管の都道府県の試験場・普及センターには事前に情報提供するとともに、現地試験のパートナーとしての協力を要請し、連携関係を得ながら実施することをお勧めいたします。

1. 圃場の排水不良でお困りの皆様方へ

土壌物理性簡易診断に関する技術指導

2.土づくりや減肥のやり方でお困りの皆様方へ

緑肥利用に関する技術指導

3. 夏季高温による玄米品質の低下や、倒伏の発生でお困りの皆様方へ

水稲品種「にじのきらめき」「つきあかり」の栽培に関する技術指導

  • 指導内容
    • 水稲新品種「つきあかり」と「にじのきらめき」について、「コシヒカリ」に代表されるこれまでの良食味品種の栽培との違いを踏まえながら、良食味・多収を実現するための栽培技術情報を提供します。
    • 「つきあかり」は「あきたこまち」並みの早生で偏穂重型の品種であり、穂数の確保が多収に重要です。
    • 「にじのきらめき」は耐倒伏性に優れ、収量や外観品質の面で「コシヒカリ」に優り、縞葉枯病にも抵抗性であることから、「コシヒカリ」の安定生産が難しい地域での栽培に適します。
    • 両品種を安定的に生産するための栽培のポイントについて、技術指導します。
  • 関連成果情報

4. 排水対策・苗立ち不良でお困りの皆様方へ

排水対策・苗立ち向上のための高収益作物播種の技術指導

5. 飼料用米の収量停滞や労力・肥料負担でお困りの皆様方へ

多収品種を用いた飼料用米の省力多収生産体系に関する技術指導

  • 指導内容
    • 農研機構育成の飼料用米向け多収品種「オオナリ」を中心に、家畜ふん堆肥の活用や疎植栽培等の導入により、化学肥料を削減しながら省力的に多収を実現するための栽培体系のポイントについての技術情報を提供します。なお、「オオナリ」の栽培適地は関東以西とされますことから、北陸地域では他品種を想定した対応となる場合があります。
  • 関連成果情報