畜産研究部門(畜産、草地・飼料作物、鳥獣害に関する研究開発等)

データ駆動型畜産経営の実現による生産力強化
飼料自給率の低迷、畜産農家の労働力不足、畜産業に由来する温室効果ガス排出、畜産物に対するニーズの多様化、アニマルウェルフェアへの対応などの畜産業を取り巻く諸課題や 野生鳥獣による農業被害に対応するための研究開発と成果の社会実装に取り組む。

組織図

研究体制

  • 所長
  • 研究推進部
  • 研究推進室
  • 御代田調整役
  • 高度飼養技術研究領域
  • スマート畜産施設グループ
  • 繁殖システムグループ
  • 畜産飼料作研究領域
  • 飼料作物育種グループ
  • 飼料生産利用グループ
  • 省力肉牛生産グループ
  • 食肉用家畜研究領域 (肉牛、豚、家禽研究)
  • 食肉品質グループ
  • 食肉用家畜モデル化グループ
  • 食肉用家畜飼養技術グループ
  • 乳牛精密管理研究領域
  • 乳牛精密栄養管理グループ
  • 乳牛繁殖性向上グループ
  • 動物行動管理研究領域 (アニマルウェルフェア研究、鳥獣害研究)
  • 動物行動管理グループ