Society5.0 農業・食品版の実現とSDGs

Society5.0 農業・食品版の実現とSDGs

Society5.0 農業・食品版の実現

農研機構は、Society5.0の深化と浸透を通して、我が国の「食料自給力の向上と食料安全保障」、「産業競争力の強化と輸出拡大」、「生産性向上と環境保全との両立」の実現を目指します。

Society5.0の深化と浸透、
SDGs達成への貢献

農研機構の
組織目標
食料自給率向上
と食料安全保障
農産物・食品の産業
競争力強化と輸出拡大
生産性向上と
環境保全の両立
  • セグメントアグリ・フードビジネス
  • 流通・加工、消費とフードチェーン全体を最適化
  • セグメントスマート生産システム
  • スマート農業技術により農業生産を徹底的に強化
  • セグメントアグリバイオシステム
  • バイオテクノロジーとAIを融合し、新たな素材や産業を創出
  • セグメントロバスト農業システム
  • 気候変動や災害に対して強靱な生産基盤を 構築、生産性向上と環境保全を両立
  • 基盤技術研究本部共通基盤技術
  • AI、ロボティクス、高度分析技術等の基盤技術を強化、データ・遺伝資源等の共通基盤を整備
  • NAROプロジェクト
  • セグメントを横断して総力を挙げて実施

研究成果

以下のアイコンをクリックすると、各項目の代表的な成果の一覧が表示されます。

アグリ・フードビジネス

新しい食品加工技術

畜産業由来の温室効果ガス排出削減

発電細菌を利用したバイオセンサとバイオ電池

再生可能資源を利用した道路の長寿命化技術

食品の異物混入対策

作物における精密な生育環境と計測評価技術基盤

簡易な牛の消化管由来メタン排出量推定マニュアル

カキの受粉に野生のコマルハナバチを活用して省力的な栽培を

キャベツの芯を粉砕した新食品素材

高アミロース米粉を利用した嚥下調整食

イチゴのジャストインタイム生産システム

2022年シーズン高病原性鳥インフルエンザウイルスの特徴

新しい常温酸処理で草をアップサイクル

スマート生産システム

畜産業由来の温室効果ガス排出削減

水田作のスマート生産システム

土壌凍結深制御技術

莢がはじけにくく収穫ロスを回避できる遺伝子

温暖化適応品種

全国で栽培できるもち性大麦品種群

水稲乾田直播栽培の雑草防除支援システム

水稲品種「にじのきらめき」の暑さ対策

スマート植生評価法の開発

ISOBUS農業用作業機

農作業省力化と環境負荷低減につながる品種

農機OpenAPI

東北農業気象「見える化」システム

越夏性に優れた牧草

農薬に依存しない環境保全型病害防除技術の開発

病害虫に強いダイズ品種

イチゴのジャストインタイム生産システム

データ駆動型「遠隔営農支援プロジェクト」

病害に強いアスパラガス品種

サツマイモ基腐病に対する「蒸熱処理による種イモ消毒技術」

アグリバイオシステム

作物の全ゲノム解析とバイオインフォマティクス

環境ストレスに強い品種

莢がはじけにくく収穫ロスを回避できる遺伝子

生産性改良遺伝子

温暖化適応品種

全国で栽培できるもち性大麦品種群

蚕業革命

コラーゲンビトリゲルを用いた動物実験代替法

超音波による非接触の力を利用した新たな害虫防除技術

水稲品種「にじのきらめき」の暑さ対策

シールディング・マルチ栽培(NARO S.マルチ)

作物における精密な生育環境と計測評価技術基盤

植物の隠れた能力を見える化

果樹の低温積算時間表示システム

系譜情報分析基盤

昆虫の力を借りて食品廃棄物の臭気を抑える技術を開発

病害に強いアスパラガス品種

微生物とグルタミン酸による作物の病害防除

ロバスト農業システム

ICT水管理システム

全国デジタル土壌図

メッシュ農業気象データシステム

ため池防災支援システム

ヒートポンプを用いた農業用水路の熱エネルギー利用

農地・農業用水路の生物多様性評価

天敵を活用した害虫防除技術

超音波による非接触の力を利用した新たな害虫防除技術

水稲品種「にじのきらめき」の暑さ対策

農作業省力化と環境負荷低減につながる品種

農地で花粉を運ぶ昆虫の調査

新しい土壌病害診断技術

カキの受粉に野生のコマルハナバチを活用して省力的な栽培を

世界の水稲高温不稔を予測するモデル

潮の満ち引きを利用した地下ダム機能監視手法

温暖化・豪雨化と流域治水に対応した取水堰の低コスト改修工法

水路トンネル補強工法

水田を活用した豪雨対策

カドミウム吸収を抑制したイネの開発

河川構造物の実態に合った耐摩耗性評価試験

新しい現場付着試験

農業用ダムの事前放流により洪水を軽減する効果の推定手法

複雑地形における日最低気温のピンポイント推定

営農活動における経済・環境影響評価ツール

酵素パワーで生分解性プラスチック製品の分解を加速

サツマイモ基腐病に対する「蒸熱処理による種イモ消毒技術」

有機ミニトマトの病害虫管理体系

共通基盤技術

作物の全ゲノム解析とバイオインフォマティクス

AI・ICTと農業技術の融合

農業生物資源ジーンバンク

農作業省力化と環境負荷低減につながる品種

在来品種「播州白水菜」の復活に成功

作物における精密な生育環境と計測評価技術基盤

イチゴのジャストインタイム生産システム

系譜情報分析基盤

野生種のストレス耐性を手本にする

データ駆動型「遠隔営農支援プロジェクト」

研究関連業務

ダイバーシティ推進

新品種の保護と優良な種苗の管理

カキの受粉に野生のコマルハナバチを活用して省力的な栽培を