プレスリリース

生物機能利用研究部門の一覧

RSS

2022年11月17日
(研究成果) クリックケミストリーで機能化が可能なシルクの実用化に向けた生産技術を確立 - 高機能シルク素材の社会実装を加速 -
2022年11月17日
(研究成果)公共データベースからのミツバチ参照遺伝子セットの構築 ~農畜産生物のゲノム編集に向けたバイオデジタルトランスフォーメーション~(外部リンク:広島大学)
2022年10月21日
(研究成果) ニワトリを加害するワクモの共生細菌群を解明 - これまでと異なる作用機序を持つ駆除剤開発に期待 -
2022年8月9日
(研究成果)交雑は植物のトランスポゾン(動くDNA配列)を活性化する - 交雑が遺伝的多様性を大きくする仕組みの一端を明らかに - (外部リンク:新潟大学)
2022年7月21日
(研究成果)ネムリユスリカ幼虫を用いた生存圏探索デバイス-乾燥耐性生物を用いた環境センシング-(外部リンク:理化学研究所)
2022年5月16日
(研究成果)イネの成長と免疫のエネルギーバランスを調整する仕組みを解明 病気に強いイネの開発に期待 (外部リンク:近畿大学)
2022年3月28日
(お知らせ) 令和4年度遺伝子組換えイネ等の第一種使用等(※)による栽培に関する実験計画書の公表及び説明会の開催 - (「第1種使用規程承認組換え作物栽培実験指針」に基づいた情報提供です。) -
2022年3月16日
(研究成果) 新興ウイルス病に強いトマトの作出方法を開発
2022年2月12日
(研究成果)土壌から吸収する? それとも 微生物からもらう? ~硝酸イオン輸送からひもとくマメ科植物の窒素栄養獲得戦略~ (外部リンク:筑波大学)
2021年10月21日
(研究成果) 雪の下で作物を腐らせる「雪腐病(ゆきぐされびょう)」の謎に迫る - 実験植物を使って雪腐病菌への強さを調べられる実験系を開発 -
2021年9月30日
(研究成果) カイコ遺伝子発現データの拡張・公開 - 昆虫活用技術開発やデータ駆動型研究促進に期待 -
2021年8月31日
(研究成果)世界初 スギのゲノム編集技術を開発-針葉樹の品種改良の期間を大幅に短縮する新技術として期待- (外部リンク:森林総合研究所林木育種センター【PDF】)
2021年8月17日
(研究成果) 干ばつによりイネの根が貧弱になる仕組みを解明 - 干ばつに強いイネ品種の開発に期待 -
2021年8月17日
(お知らせ) 改定Vitrigel®-EIT法がOECDテストガイドラインに収載 - 液体物質のみならず固体物質にも適用可能な眼刺激性試験法 -
2021年7月29日
(研究成果)ウイルスと寄生蜂とイモムシ 3者の相互作用が育んだ蜂殺し遺伝子の発見 (外部リンク:東京農工大学)
2021年4月14日
(研究成果)子宮頸部円錐切除後の頸管狭窄を予防するデバイスの開発(外部リンク:佐賀大学)
2021年3月26日
(お知らせ) 令和3年度遺伝子組換えイネ等の第一種使用等(※)による栽培に関する 実験計画書の公表及び説明会の開催 - (「第1種使用規程承認組換え作物栽培実験指針」に基づいた情報提供です。) -
2021年3月3日
(研究成果) イネもみ枯細菌病の発症を抑える微生物をイネから発見 - 微生物農薬など、効果的な防除技術の開発に貢献 -
2021年2月3日
(研究成果) 干からびても死なない生き物が持つ乾燥に強くなるために必要な物質とその役割を解明 - 細胞を常温乾燥保存する技術の開発へ -
2021年1月21日
(研究成果) 葉緑体成分フィトールがネコブセンチュウ防除に有効であることを確認 - 新しい線虫防除技術の開発に期待 -