プレスリリース

動物衛生研究部門の一覧

RSS

2022年5月16日
(研究成果) 山口県の野生イノシシの豚熱の感染源は約500km離れていた可能性 - 豚熱は近隣の野生イノシシだけではなく、距離を隔てて伝播する可能性にも注意が必要 -
2021年11月1日
(研究成果) 豚熱およびアフリカ豚熱の同時診断が可能な新しい遺伝子検査法の開発 - 検査の簡便化・迅速化により早期の防疫措置へ貢献 -
2021年3月18日
(研究成果) アフリカ豚熱ウイルスが効率よく増殖できる豚由来の細胞株を開発
2021年3月10日
(研究成果) 今季国内の高病原性鳥インフルエンザウイルスの遺伝的多様性
2020年12月14日
(研究成果) 今季国内初発の高病原性鳥インフルエンザウイルスの病原性解析
2020年11月25日
(研究成果) 大陸を渡ったH5N8亜型 高病原性鳥インフルエンザウイルス
2020年11月16日
(研究成果) 日本最西端の島で新規の節足動物媒介(アルボ)ウイルスを発見 - 継続的な監視活動により、未知ウイルスの国内への侵入を検出 -
2020年2月17日
(研究成果) ASFウイルスはニホンイノシシにも感染し 豚と同様の症状と病変を引き起こす
2019年10月24日
(研究成果) パルスNMRで乳牛の乳房炎を早期診断-難治性の黄色ブドウ球菌乳房炎をいち早く察知-(外部リンク:理化学研究所)
2018年11月16日
(研究成果)2018年分離株を用いた豚コレラウイルスの感染試験 - 試験成績を疫学解析や防疫対策に活用 -
2018年9月14日
(研究成果) 岐阜県で検出された豚コレラウイルスの塩基配列の解析結果について
2018年4月2日
(研究成果) ヨーネ病の病態発生メカニズムを解明 -家畜法定伝染病ヨーネ病に対する制御法への応用に期待- (外部リンク:北海道大学)
2018年1月24日
(研究成果) 香川県で発生した高病原性鳥インフルエンザの原因ウイルスの由来について - 大陸を渡る高病原性鳥インフルエンザウイルス -
2017年1月18日
L型非定型BSEが牛に経口的に伝達されることを確認
2016年12月8日
高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)国内発生株の遺伝学的特徴 - ゲノムから推定するウイルスの由来と病原性 -
2016年8月23日
農研機構シンポジウム「鳥インフルエンザと野生動物」を開催 - 国内外の専門家が鳥インフルエンザの拡散と農場侵入について講演します -
2016年6月20日
日本産牛疫ワクチンが国際獣疫事務局(OIE)マニュアルに収録されました - 日本の牛疫ワクチン株が世界標準に -
2016年5月30日
国際獣疫事務局(OIE)による牛疫のレファレンスラボラトリ ーの認定について(外部リンク:農林水産省)
2016年3月30日
日中の鳥インフルエンザの共同研究等に関する覚書の締結について (外部リンク:農林水産省)
2016年3月29日
日中の口蹄疫の共同研究等に関する覚書の締結について (外部リンク:農林水産省)